top of page

恋心はジャケットの内側に

犬飼小町


「君のその表情をみると…先輩以上の感情で動いてしまう…んだ」


物心ついた時からスーツが好きで、念願のスーツ販売員になった綿世。

今日も店頭で元気に接客をしていると、ちょっと困ったお客さんにつかまってしまう。

それを颯爽と助けてくれたのは、綿世が憧れ慕っている先輩の糸永だった。少しでも早く糸永に近づけるよう綿世が居残り練習をしていると、糸永が手伝ってくれることに。

喜んで張り切りながら練習を続ける綿世だったが、しばらくすると糸永の様子に変化が──!?


Σχόλια


Ο σχολιασμός έχει απενεργοποιηθεί.
bottom of page