top of page

ヤンキーは神の世で道化師に恋をする

波野ココロ


負けなしのヤンキーだった羽衣石は、喧嘩の最中に刺され、絶対絶命のピンチに陥ってしまう。痛みと出血で意識が朦朧とする中、今まで聞いたことのない不思議な声が聞こえてきた……『私の元へこい』と。

次に目が覚めるとそこは『神様たちの遊郭街』と言われるところだった。

あの声の主は「竜帝」で、その花嫁候補として見初められたという羽衣石は、同じく花嫁候補の人間・紫野に案内されるままに遊郭でお世話になることに。

見たこともない生き物ばかりの世界に不安が募る羽衣石に対し、街で出会った烏滸絵師・帆酉が優しく声をかけてくれて…?






bottom of page